前へ
次へ

賃貸管理の種類について

賃貸管理には種類があります。賃貸物件のオーナーがすべてを管理する自己管理と、管理のすべてを管理会社に任せる委託管理、そして保証会社がオーナーに代わって賃貸物件の経営から管理までを行うサブリースと様々ありますが、どの方法を選ぶかによってメリットとデメリットがあります。自己管理を行うことで、管理費用がいらない分メリットになりますし、入居者と信頼関係も結びやすいのです。デメリットとしては、忙しい中で面倒な管理業務をすべて行わなくてはならず、またクレームなどの対応などが難しい場合もあります。委託管理を選べば、面倒な管理業務を任せることが出来ることがメリットですが、費用がかかってしまうため、そこがデメリットになります。サブリースにすれば、毎月一定額が支払われるので、収入面が安定するというメリットがあります。ですが、将来的には保証金額が減額されることもあるので、収入面に変化がある可能性があるのがデメリットです。賃貸管理の時にどの保証会社を選んだら良いのか、まずはメリットとデメリットを比べてみても良いのではないでしょうか。

Page Top