前へ
次へ

賃貸管理契約とはどのような契約形態か

民法上、貸借という契約形態には、消費貸借、使用貸借および賃貸借の3種類があります。消費貸借とは金銭消費貸借が代表で、お金の貸し借りのように、貸したものがなくなり、同じものを返すという契約形態です。使用貸借は、無償でものを貸し借りするときに用いる契約形態です。賃貸借は、有償でものの貸し借りをすることです。不動産貸借は、このうち賃貸借契約にあたります。これは、物件を有償で貸し借りすることですが、不動産貸借に関しては、この契約を中心にしてその周囲にさまざまな契約が付随してきます。火災保険契約などもその一つですが、不動産の大家さんと管理会社との間で締結する管理契約があります。この契約に基づいて、不動産という建物やその内部の室や共用部分に対する修繕や修復を、大家さんに代わって、行ったり、賃借人から室料を回収したり、賃借人からのクレーム対応をするなどの一連の賃貸管理を行うのが、この賃貸管理会社です。この契約では、手数料が発生します。

Page Top